• strict warning: Non-static method view::load() should not be called statically in /home/cp00784/public_html/fionalogusch/sites/all/modules/views/views.module on line 906.
  • strict warning: Declaration of views_handler_filter::options_validate() should be compatible with views_handler::options_validate($form, &$form_state) in /home/cp00784/public_html/fionalogusch/sites/all/modules/views/handlers/views_handler_filter.inc on line 607.
  • strict warning: Declaration of views_handler_filter::options_submit() should be compatible with views_handler::options_submit($form, &$form_state) in /home/cp00784/public_html/fionalogusch/sites/all/modules/views/handlers/views_handler_filter.inc on line 607.
  • strict warning: Declaration of views_plugin_row::options_validate() should be compatible with views_plugin::options_validate(&$form, &$form_state) in /home/cp00784/public_html/fionalogusch/sites/all/modules/views/plugins/views_plugin_row.inc on line 134.
  • strict warning: Declaration of views_plugin_row::options_submit() should be compatible with views_plugin::options_submit(&$form, &$form_state) in /home/cp00784/public_html/fionalogusch/sites/all/modules/views/plugins/views_plugin_row.inc on line 134.
  • strict warning: Non-static method view::load() should not be called statically in /home/cp00784/public_html/fionalogusch/sites/all/modules/views/views.module on line 906.
  • strict warning: Declaration of views_handler_argument::init() should be compatible with views_handler::init(&$view, $options) in /home/cp00784/public_html/fionalogusch/sites/all/modules/views/handlers/views_handler_argument.inc on line 744.
  • strict warning: Declaration of views_handler_filter_boolean_operator::value_validate() should be compatible with views_handler_filter::value_validate($form, &$form_state) in /home/cp00784/public_html/fionalogusch/sites/all/modules/views/handlers/views_handler_filter_boolean_operator.inc on line 159.

友人が人道的になるためにブランド買取

本当に友人が素敵だな…と思ったことがあります。それは、どうも友人は近頃寄付というか、恵まれない子供達への寄付などをしているそうです。まぁ、あまりにも入り込んでいる訳では無いので、丁度良い距離感でしょうね。

何故、そんな事を思っているのかというと、どうも友人はブランドバッグを購入して、浮かれ気分だったそうなのですが、テレビで大変な思いをしている人達がいると知って、本当に恥ずかしくなってしまったそうです。

まぁ、国もそれぞれ、人もそれぞれだとは思うのですが…。それで、今まで購入を続けていたブランド品なども一旦、本当に必要なモノだけを残して、後は買取に出すことにしたようなのです。まぁ、そういった心がけというのは、本当に素敵だとは思います。さらに、彼女の凄いところは、そのブランド買取で得たお金の半部は全て寄付しようと思ったのだそうです。

それって、とっても素敵なことですよね。できるだけ、高価買取をしてくる買取専門店を選び、ブランド品を買取。そのお金を寄付したと言います。まぁ、そんな人道的なところがあるなんて、ちょっと彼女を見直しました。私もブランド品ばかりを買いあさるのは、考え直しましたね。