• strict warning: Non-static method view::load() should not be called statically in /home/cp00784/public_html/fionalogusch/sites/all/modules/views/views.module on line 906.
  • strict warning: Declaration of views_handler_filter::options_validate() should be compatible with views_handler::options_validate($form, &$form_state) in /home/cp00784/public_html/fionalogusch/sites/all/modules/views/handlers/views_handler_filter.inc on line 607.
  • strict warning: Declaration of views_handler_filter::options_submit() should be compatible with views_handler::options_submit($form, &$form_state) in /home/cp00784/public_html/fionalogusch/sites/all/modules/views/handlers/views_handler_filter.inc on line 607.
  • strict warning: Declaration of views_plugin_row::options_validate() should be compatible with views_plugin::options_validate(&$form, &$form_state) in /home/cp00784/public_html/fionalogusch/sites/all/modules/views/plugins/views_plugin_row.inc on line 134.
  • strict warning: Declaration of views_plugin_row::options_submit() should be compatible with views_plugin::options_submit(&$form, &$form_state) in /home/cp00784/public_html/fionalogusch/sites/all/modules/views/plugins/views_plugin_row.inc on line 134.
  • strict warning: Non-static method view::load() should not be called statically in /home/cp00784/public_html/fionalogusch/sites/all/modules/views/views.module on line 906.
  • strict warning: Declaration of views_handler_argument::init() should be compatible with views_handler::init(&$view, $options) in /home/cp00784/public_html/fionalogusch/sites/all/modules/views/handlers/views_handler_argument.inc on line 744.
  • strict warning: Declaration of views_handler_filter_boolean_operator::value_validate() should be compatible with views_handler_filter::value_validate($form, &$form_state) in /home/cp00784/public_html/fionalogusch/sites/all/modules/views/handlers/views_handler_filter_boolean_operator.inc on line 159.

ニートになったので宝石買取!

私の彼は全く仕事をする気が無いのです。俗にいうニートってやつだよね…。まぁ、昔とっても稼いでいたせいもあったのか…貯金はあるみたいですが、収入が無くつかいほうけるのは全く意味合いが違ってくるので注意を促しているんですよね。さて、そんな彼なのですが、とうとう仕事を見つけてきたんです。

どうやら、彼なりに頑張ってそういった合った仕事を吟味していたようです。そのお祝いだからと言って宝石のネックレスをくれたんです。これって幸せな瞬間でしたね~。今では彼はその仕事で上手くいっているのか、経済的にも社会的にもすっごくしっかりした人間になったんですよ。

そして、問題がひとつ…私がニートになってしまったんです!まだ同棲などをしておらず、昔ニートの時彼を散々責め立てて1円すら奢らなかったので、今更渡しが物乞いする訳にはいきません。どうしても、家賃が払えないときに最低とは分かっているのですが、その時に彼がくれた宝石のネックレスを買取に出すことに。宝石買取専門店を利用して、泣く泣く買取りをしてもらいました。

すごく高い価格で買取はできたのですが…。彼へ謝っていいものか…。その時電話がなって内定が決まりました!勢いで彼に全部言ってしまいましたよ。